カテゴリー「ニューファンドランド島」の記事

レイブル・エイリークソン(Leif Ericson)について

ハットルグリムス教会の前にある”レイブル エイリークソン像”。レイキャヴィークの代表的なイメージの一つです。この像はアイスランド初の民主議会「アルシング」の発祥一千年を記念して1930年にアメリカ合衆国から贈られました。

Img_30572_3 銅像の裏には「ヴィーンランドを発見したレイブル エイリークソン」と記されていました。コロンブスより500年前に北米大陸を発見したレイブルを讃えてのことだと思います

1.赤毛のエイリーク

レイブル・エイリークソンといえば、その前に忘れてならないのは、グリーンランドを発見した「赤毛のエイリーク」の息子だということ。『赤毛のエイリークのサガ』は日本語に訳されているアイスランドサガの中でも冒険的な要素があっておもしろいです。

赤毛のエイリークの家系は気性がはげしく、周囲との争いが絶えませんでした。アイスランドを追われて”新大陸”を探す航海に出たところ島を発見。その島を”グリーンランド”と名付けたことでも有名です。
29img_3747 エイリークが新大陸発見へと旅だったクヴァムスフィヨルズル Hvammsfjörður。(スナイフェルネース半島の付け根にある湾)
26img_1876_2 スナイフェルネース半島の北に広がる海。Breiðafjörðurブレイザフィヨルズルにて。

2.レイブルの北米大陸発見
エイリークの息子レイブルは、父親の行動力に思慮深さも備えていた人物で、しばらくノルウェーの国王に仕えていました。西暦1000年頃、ノルウェー国王オーラーヴル・トリュッグヴァソンの命を受け、キリスト教を布教するためにグリーンランドへ戻ることになりました。その帰る途中に嵐に遭遇し南西方向に流されてしまいます。そして辿り着いた土地が北米大陸でした。

レイブルがグリーンランドに戻ると、新大陸発見は大きな反響を呼び、野生の葡萄があったことから「ヴィーンランド」(ぶどうの国)と名付けられました。その後探検隊も組まれ、グリーンランドからニューファンドランド島やラブラドール、北米大陸東端への航海が繰り返されました。

Nf166 当時「マルクランド」(森の地)と名付けられたカナダ東部、ラブラドールの風景。

ニューファンドランド島の最北端に、1000年頃のバイキングの集落跡があります。

Img153 ニューファンドランド西部、半島の北端にあるランス・オ・メドー。フランス語で「L'Anse-aux-Méduses」、"Méduses"(メドゥーサ)はクラゲなので「クラゲの入江」。

ニューファンドランド北部の海岸線は、毎年4~6月頃グリーンランドから氷山が海流に乗ってやって来ることで有名です。Img_1802 グリーンランドからやってきた氷山。ニューファンドランド、セント・ブレンダン島にて。

※さらに400年前、アイルランドの僧侶セント・ブレンダン(St.Brendan)が北米大陸に到着していたのではないかという説があります。話が長くなるのでまた次回にしたいと思います。

ヴァイキングの船

Vik07
ノルウェーの首都オスロの南西、ビグドイ地区にある「ヴァイキング船博物館」にて。

北方の風景を追いかけて20年、イングランド、スコットランド、アイルランド、どこへ行ってもヴァイキングの足跡がありました。東回りで行ったニューファンドランドさえもまたヴァイキングの歴史が残されていました。

Img406
カナダ東部、ニューファンドランドのチェンジアイランドでみた"Vinnland flag(ヴィーンランドの旗)" 。アイスランドに移住したヴァイキングが発見した"Vinnland"(葡萄の国)とはニューファンドランドではないかという説があります。実際にニューファンドランド北西部ではヴァイキングの住居跡が発見されています。

Img_3344_2

スコットランド、ヘブリディーズ諸島北部にあるルイス島。
ヴァイキングのチェス駒が発見された海岸にて。

2696971_img
アイルランド、クロンマクノイズ。7~12世紀に栄え、何度もヴァイキングの攻撃を受けました。右奥に見えるタワーは、ヴァイキングが攻めてきた時に避難する為の塔でした。

ニューファンドランド パフィン

カナダ、ニューファンドランド島の東部、ボナビスタ半島の先にエリストンという村があります。村の海岸線から数メートル離れた断崖にパフィンの楽園が広がっていました。

ニューファンドランド&ラブラドール

ニューファンドランド&ラブラドール州のホームページを新しく作成しました。Img446

地域の情報やその他の写真等は随時、

別のブログ「We  Love Newf'n'land」で更新していきますので、

ぜひご覧になって下さい。

ホームページ http://homepage3.nifty.com/frozenbeach/NFL/index.html

チェンジアイランドの夕暮れ  カナダ

CHANGE ISLANDS, Newfoundland,Canada
P6273290

ニューファンドランド北部、南北に20キロ程の細長い島。
 

セント・ブレンダン島  

Img_1659

Iceberg at St.Brendan's, Newfoundland

ケープスピア灯台 1836

Img_3439
1955年迄活躍していた木造の灯台。
今は新しい灯台の後ろで
その姿を見守っている。

ケープスピア灯台 1955

ニューファンドランド島
北米大陸最東端、
スピア岬に1955年に建てられた灯台。
(2012年7月撮影)

Img_3447Cape Spear(スピア岬)は
ポルトガル語で
  Cabo da Esperança (希望岬)
と呼ばれたのが由来となった。




ケープセントメアリーズ  カナダ

ニューファンドランド東部、アヴァロン半島にあるセントメアリー岬。
濃い霧に覆われた道をしばらく行くと、
岬の先端だけ霧が晴れ、
シロカツオドリ(Northern Gannet)のコロニーが現れた。

Img_2456
2012年6月29日、20時半頃撮影した映像。

ニューファンドランド島 カナダ

Whale001jpg
ノーザンフォトギャラリーに
ニューファンドランド島の
写真をアップしました。

より以前の記事一覧

アイスランドの記事

Northern Photo Gallery

  • ノーザンフォトギャラリーへ


  • アラスカ、カナダのオーロラ、北欧の白夜、スコットランドの巨石、アイルランド、ニューファンドランドの風景に惹かれ旅をしてます

お知らせ

  • アイルランド2016
    昨年に引き続き、初夏のアイルランドを旅してきました。今回は南部のコークという街から出発し、南西部の突き出た半島や島を巡りました。旅の後半はアヌーナのコンサートに合わせダブリンへ向かい、14年ぶりにタラの丘の風に吹かれてきました。

Ísland, アイスランド, Iceland

Newfoundland & Labrador

The Edge of the Land

Northern Photo Gallery モノクロ

無料ブログはココログ